どうぶつのセンター病院

0482666611

年中無休
9:00~12:00
15:00~19:00

かぜに気をつけましょう!|川口市の動物病院なら、どうぶつのセンター病院にご相談ください。犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット、シマリス、プレリードッグなど幅広く診療。

コラム

かぜに気をつけましょう!

ワンちゃんについて
気温が低くなり、空気が乾燥してくると、ワンちゃんも人と同じように、カゼを引きます。カゼの原因となるウイルスたちは、乾燥、寒さに強く、免疫の下がった犬を攻撃します。特に、お年寄りや子犬の場合は気をつけなければいけません。ワクチン接種はもちろんのこと、室内でも、毛布を用意するなどの防寒対策や、加湿器などで湿度調節を心がけたいものです。

 

ネコちゃんについて
まだまだ寒い日が続いています。ネコちゃんにとってカゼを引きやすい時期です。免疫力の十分でない子猫や体力の衰えている老ネコは特に注意が必要です。
室温を少なくとも20度以上に保ちペットヒーターなどで暖を取れるようにしましょう。もし、くしゃみ、鼻水、元気がない、食欲が落ちてきた、熱っぽいなどの症状が見られたら、早めに病院においでください。放っておくと慢性鼻炎の原因にもなります。

 

ウサギちゃん、フェレットちゃん、ハムスターさん
まだまだ寒い日が続いています。体は犬、猫よりも小さく気温の変化の影響を受けやすく、体調を崩しやすい時期になります。よる、暖房を切ることで急に冷えたりすることは大きなストレスを与えます。室温を少なくても20度以上に保ち、ペット用ヒーターなどで暖をとれるようにしましょう。特にハムスターやシマリスは5度以下になると冬眠してしまいますので注意してください。

犬や猫の予防接種を忘れずに!!
予防接種は最大の治療です。経済的にも予防が最も安く犬や猫も幸せです。

ページトップへ戻る