どうぶつのセンター病院

0482666611

診療・ホテル 受付時間

<平日> 午前  8:45~11:45
午後 15:00~18:45
<土日祝> 午前  8:45~11:30
午後 15:00~18:30
午前 午後
診療・ホテル
受付時間
平日 8:45~11:45 15:00~18:45
土日祝 8:45~11:30 15:00~18:30

ノミ・ダニに注意|川口市の動物病院なら、どうぶつのセンター病院にご相談ください。犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット、シマリス、プレリードッグなど幅広く診療。

コラム

ノミ・ダニに注意

ワンちゃん
春になると、ノミやダニは草むらに隠れ、息をひそめてワンちゃんが来るのを待ちます。ワンちゃんが色々な匂いに夢中になっているすきに体に移り、寄生します。
ノミに寄生されたワンちゃんは、激しく体をかきむしり、脱毛して皮膚炎をおこしたりします。
ノミはワンちゃんの皮膚に卵を大量に産み、それがバラバラに落下し、たとえばカーペットのや畳の中で幼虫、さなぎを経て大量の成虫になります。ノミかな?と思ったらまず、動物病院においでください。
動物病院でのノミの治療は、シャンプーやスプレー、首輪、皮膚に滴下する薬など色々あります。特に首の後ろの皮膚に滴下する薬はワンちゃんも嫌がりません。ノミはワンちゃん同士や、他の動物との接触でもうつりますので、同居の動物がいれば、一緒に予防しましょう。
マダニはワンちゃんの体に取り付くと、口器を皮膚に刺し込んで、満腹になるまで血液を吸います。満腹になると小豆が皮膚についているように見えます。
その後、ぽろっと地面に落ち卵を大量に産みます。マダニは皮膚病の原因になったり、バベシア病などの感染症を伝播します。また、ライム病などの人も感染する伝染病を伝播します。
マダニを見つけたら、すぐ動物病院にお連れください。無理に、指で取ろうとすると口器が皮膚に残ってしまう可能性があるからです。
その後は皮膚滴下の駆除剤やスプレーなどで予防しましょう。

 

ネコちゃん
新緑のまぶしいこの時期、ネコちゃんだけでなく、ノミやダニなどの外部寄生虫も活発になってきます。
これらに寄生されると、ネコちゃんはかゆいだけでなく、皮膚病になったり様々な病気を媒介されたりします。
ノミは暖かい時期だけだと思いがちですが、住宅環境の変化により、冬でも暖かい室内では繁殖する可能性があります。一年を通した予防と対策が必要です。
市販の駆除剤で安易に処置せず、病院に相談してください。首につけるものや、背中につけるものなど良く効く薬が処方できます。

フェレットちゃん、ウサギちゃん、ハムスターさん
暖かい日が続くようになり、ノミ、ダニも活動的になってきます。
フェレットさんやウサギさんにも、犬、猫と同じノミが寄生します。また、フェレットさんウサギさんハムスターさんやリスさんにも様々なダニが寄生します。ノミ、ダニの寄生は痒みを伴い、ひどくなると皮膚に傷をつけてしまいます。かゆそうな症状が見られるようなら、早めに病院へおいでください。
ノミやダニの治療にはシャンプーや塗り薬、皮膚にたらすだけで駆除できるお薬があります。
よろしくお願いします。

ページトップへ戻る