どうぶつのセンター病院

0482666611

年中無休
9:00~12:00
15:00~19:00

湿度に注意|川口市の動物病院なら、どうぶつのセンター病院にご相談ください。犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット、シマリス、プレリードッグなど幅広く診療。

コラム

湿度に注意

ワンちゃん
この時期に入ると、徐々に暑さが増し、湿度も高くなってきます。温度や湿度が高い状態が続きますと様々な病気の発生率が高くなります。
その1つとして、湿疹などの皮膚疾患があげられます。湿度が高いことによって、原因となる菌が増殖しやすくなるので、冬の乾燥した時よりもひどくなるのです。
風通しがよく、湿気のこもらない環境をたもちましょう。
また、晴れた日には寝床など十分に天日干しをしてあげましょう。皮膚のデリケートなワンちゃんは湿疹ができでいないかこまめにチェックし、ひどくならないうちに病院に連れて行きましょう。
お食事の管理も心がけたいものです。ドライフードは密閉できる容器に移し、乾燥剤をいれカビを防ぎます。また、この時期はいたみやすくなるので、食べ残しのないようにしましょう。
腹八分が健康のもとです。飲料水も忘れずに交換しましょう。

 

ネコちゃん
じめじめとした梅雨の季節になりました。春から夏にかけて換毛期を迎えているネコちゃんも多いと思います。ブラッシングを毎日こまめにして、汚れをおとし、毛玉をつくらないようにしましょう。
毛玉の下はムレやすく、皮膚病の原因になります。
またシャンプーをしているネコちゃんはどきどきではなく最低週1回はしてあげてください。月1回とか、暑いときだけとか、不定期にシャンプーをすると、かえって皮膚病になりやすくなります。

 

フェレットちゃん、ウサギちゃん、ハムスターさん
じめじめと湿度が高くなる梅雨の時期はカビや細菌が繁殖しやすく、食事も悪くなりやすくなります。
お家のウサギさん、フェレットさん、ハムスターさんたちのお尻を見てください。汚れていませんか?
お腹を壊すと便がゆるくなりお尻が汚れやすくなります。また、女の子の場合子宮の病気でおりものが出ているときもお尻が汚れます。お尻の汚れは様々な病気のサインの1つです。 見つけたら早めに病院へお連れ下さい。

ページトップへ戻る