どうぶつのセンター病院

0482666611

年中無休

診療・ホテル
受付時間

<平日>

午前  8:45~11:45
午後 15:00~18:45

<土日祝>

午前  8:45~11:30
午後 15:00~18:30
午前 午後
診療・ホテル
受付時間
平日 8:45~11:45 15:00~18:45
土日祝 8:45~11:30 15:00~18:30

暑い時期に要注意|川口市の動物病院なら、どうぶつのセンター病院にご相談ください。犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット、シマリス、プレリードッグなど幅広く診療。

コラム

暑い時期に要注意

ネコちゃん
太陽の日差しも一層強くなり、暑い日が続いています。この時期に注意したいのは熱中症です。
直射日光の当たる締め切った部屋や室温が上がる場所にネコちゃんを閉じ込めないようにしましょう。ネコちゃんを一人で留守番させるときは特に注意してください。また、車で一緒に外出したとき、少しならいいかなとネコちゃんを車内においておかないで下さい。思ったよりすぐ車内の温度は上昇します。
息が荒くなったり、ぐったりしたりおかしいと思ったらすぐに病院に相談してください。

 

フェレットちゃん、ウサギちゃん、ハムスターちゃん
梅雨も終わり、日差しの強い季節になりました。この時期、日中締め切った部屋では空気の流れも悪く、室温が上昇します。このような部屋で飼育されていると、熱中症を引き起こすことがあります。熱中症は体温が急上昇することで様々な症状を示し、生命をおびやかすとても恐ろしい病気です。
特にチンチラさんは高山動物なので暑さに弱いので注意してください。熱中症は生命に関する重い病気です。おかしいと思ったら、早く病院へお連れ下さい。

ページトップへ戻る