どうぶつのセンター病院

0482666611

年中無休
9:00~12:00
15:00~19:00

冷房に注意|川口市の動物病院なら、どうぶつのセンター病院にご相談ください。犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット、シマリス、プレリードッグなど幅広く診療。

コラム

冷房に注意

ワンちゃん
今年初めての台風が過ぎ、暑さが増していますが冷房をかけすぎてはいませんか?この時期になるとワンちゃんがカゼをひいて来院します。原因は様々ですが大きな原因のひとつに冷房のかけすぎがあります。ワンちゃんは人よりも低い位置で生活していますので、エアコンを人が快適な温度にしていると、ワンちゃんの居場所が冷えすぎてしまうのです。ワンちゃんもカゼをひくと人と同じで元気や食欲がなくなったり、食欲がなくなったり、咳をしたりします。ひどくなると気管支炎や肺炎にまで進行する場合もあります。適温は太り具合や年齢によっても少し異なりますが、28℃前後です。
お年寄りのワンちゃんにも、冷房の管理は注意が必要です。年齢を重ねると、関節炎、腰痛などをわずらうようになります。夏の冷房で、体が冷えすぎると全身の血の巡りが悪くなりますから悪化させてしまいます。

 

ネコちゃん
寝苦しい日々が続いています。この時期クーラーをかけていることが多くなります。しかし、冷やしすぎにはネコちゃんにとって、体調を崩す原因になります。
ネコちゃんのいる床の近くは人が感じている室温よりさらに低く、またドライ運転は温度が設定温度より低くなる場合がありますから、ネコちゃんの生活している所が28℃以下にならないようにすることが大切です。

 

フェレットちゃん、ウサギちゃん、ハムスターちゃん
暑い日が続き、クーラーをかけているお宅も多いと思います。チンチラさんは高山に住む動物なのでクーラーは必要ですが、フェレットさん、ウサギさん、ハムスターさんやリスさんは冷やしすぎると体調を崩すことがあります。特に動物たちがおかれていることの多い足元は下がってきた冷気により私たちが思っているより冷えています。クーラーをかけているときは温度を高めに設定し、動物たちの生活している場所に温度計をおいて28℃ぐらいに保つようにしましょう。

ページトップへ戻る