どうぶつのセンター病院

0482666611

年中無休
9:00~12:00
15:00~19:00

定期的な健康管理|川口市の動物病院なら、どうぶつのセンター病院にご相談ください。犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット、シマリス、プレリードッグなど幅広く診療。

コラム

定期的な健康管理

ワンちゃん
ワクチンは大きく分けて、2つあります。1つは国が義務付けている狂犬病ワクチンです。狂犬病はかまれると人にも伝染します。幸い、現在の日本には1957年以来発生していません。けれども、世界では依然として猛威を振るっており、犬だけでなく野生のアライグマやコウモリからも感染する可能性があります。いつ日本に入ってきてもおかしくないのです。
狂犬病のワクチンは生後91齢以上になった頃に接種しましょう。その後、毎年接種します。
もう1つは混合ワクチンです。混合ワクチンを接種することで、ジステンパーやパルボウイルス感染症など、8種類のウイルス病を予防することができます。いずれも伝染性が強く死に至らしめる病気です。例えば犬ジステンパー犬の、特に仔犬の熱病です。咳や黄色い鼻水、下痢や嘔吐、脳にまでウイルスが回ってしまうと、痙攣、錯乱状態を起こし、死に至ります。一命をとりとめても、チックといわれる神経症状が残ったりします。
パルボウイルスは活発に分裂している細胞で増殖する性質があります。特に仔犬のように発育途中だとウイルスにとって好都合なのです。発熱、下痢や嘔吐を引き起こし、時には血便になる場合もあります。そして、重度の脱水で死に至ります。
このように2つあげてみましたが、それだけでも予防するにこしたことがないのです。混合ワクチンは生後6~8週目に1回目を接種します。最初の年は1ヶ月ごとに2~3回次の年からは年に1回接種します。これは母子免疫の関係によるものです。

 

ネコちゃん
日中の日差しもやわらぎ、すごしやすくなるこの時期は食欲も増してきます。現在、世界中で飼育されている猫ちゃんの20~40%は肥満であると言われ、その数は年々増えています。適切に調理した食事を腹8分目で与えることで肥満を予防し、好き嫌いを減らしバランスよく食べさせるようにしましょう。ネコちゃんは偏食になりやすいので、小さい頃から色々なものを食べさせるようにしましょう。キャットフードだけの食事では健康を保つことはできません。「肥満は万病のもとです。」正しい食事で健康に過ごせるようにしてあげてください。

 

フェレットちゃん、ウサギちゃん、ハムスターちゃん
朝晩だいぶ涼しくなってきました。過ごしやすくなると食欲も出てきて過食しやすくなります。小さな動物でも、肥満は万病の元になります。よく食べているからと言って、食べるだけ与えるのではなくバランスの良い食事を腹八分目で摂ることが健康維持には大切なことです。
ご自宅でも定期的に体重を測定し体重管理をしましょう。急な体重の増減は病気のサインのことがあります。病院に相談してみてください。

ページトップへ戻る