どうぶつのセンター病院

0482666611

年中無休
9:00~12:00
15:00~19:00

尿結石|川口市の動物病院なら、どうぶつのセンター病院にご相談ください。犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット、シマリス、プレリードッグなど幅広く診療。

コラム

尿結石

ワンちゃん
暑さがやわらぎ、朝、夕冷え込みますが、今回はワンちゃんのおしっこについて取り上げたいと思います。この季節になると気温が低くなり飲水量が夏の暑いときよりも減りますので、尿量も減ることになり尿結石症が多くなります。
尿結石は犬種、食事、水の種類によって変わってきますがその中でストロバイトという結石が大半を占めています。ストロバイトは尿が濃くなると形成されます。ストロバイトが膀胱を刺激することで剥がれ落ちた膀胱粘膜を核として結晶ができます。そのときに感染した細菌は尿をアルカリ性にし、結晶をますますできやすくさせます。さらに、尿が濃くなると結晶が集まり、結石となっていきます。ですから、飲水量が減る秋から冬にかけてこの病気がおきやすいのです。また、結晶の成分となるマグネシウムやリン酸などが多く含むフードを過剰に与えることによって起こります。
膀胱の中の結石が増えると粘膜を刺激し炎症をおこします。ひいては尿道にまで落ちてくると痛みは相当なものです。ワンちゃんは背中を丸め痛みを訴え、抱き上げようとしただけでも悲鳴を上げるほどです。何回もトイレに行き血尿になります。さらに、その結石が尿道につまり尿が出なくなったとき死に至ることがあります。
毎日の生活の中で当たり前のように見ているおしっこですが、とても重要なのです。上記のような症状があったときすぐに病院へいきましょう。そのときにその日に取れたおしっこを持っていくといいでしょう。

ネコちゃん
これからだんだん寒くなってきます。ネコちゃんはもともとあまり水を飲まない性質ですが、寒い冬には特にその傾向が強くなります。水を飲まないと尿が濃くなり、排尿量も少なくなるため膀胱内で尿結石ができやすくなります。尿石は膀胱粘膜をあらし、出血させたり、尿道につまって尿を出さなくさせたりします。日ごろから尿の状態をよく見て、おかしいなと思ったら早めに病院へおいでください。尿が詰まったままにしておくと命に関わります。食事として水分をとれるよう工夫して調理してください。

フェレットちゃん、ウサギちゃん、ハムスターちゃん
お彼岸も過ぎめっきり涼しくなってきました。暑い夏に比べお水を飲む量も減ってきます。そのため尿量も減り濃い尿をするようになります。尿が濃くなると膀胱内で石ができやすくなり、特に尿道の細い男の子は尿道結石を起こしやすくなります。この病気は大変苦しい病気です。毎日きちんと尿の色や尿が出ているかチェックしてあげてください。お食事で水分が取れるように半分以上を新鮮な生野菜にすることが大切です。

ページトップへ戻る