どうぶつのセンター病院

0482666611

年中無休
9:00~12:00
15:00~19:00

不妊手術|川口市の動物病院なら、どうぶつのセンター病院にご相談ください。犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット、シマリス、プレリードッグなど幅広く診療。

コラム

不妊手術

ワンちゃん「犬の出産」
発情をするワンちゃんも出てきたことでしょう。そこで、不妊手術を使用かなと考えている人も多いことでしょう。メス犬にとって不妊手術とは何かを考えてみましょう。
不妊手術とはメス犬の卵巣を取り去ること、または卵巣と子宮を取り去ることです。メス犬の体は卵巣も子宮もあって当たり前のことであり、その器官を取り去 ることは異常なことではあります。しかし、もう少し考えてみると卵巣と子宮は 子供を作る器官であり子供を産まなければなくても良いと考えられます。
また、卵巣は性ホルモンを出すため、子宮と乳腺に影響を与え、子宮内膜炎、子宮蓄膿症や乳腺癌を引き起こす可能性があります。
よく質問されることですが、手術をすることで犬の能力が落ちるのではないか、痴呆になるのではないかと聞かれますが、そうしたことはありません。また、卵巣、子宮を取り去ることで性ホルモンが減少することにより肥りやすくなりますが、これは食事量を少し減量することで解決できます。
そうしたことを色々考え会わせて見ますと、生理もなくなり飼育しやすくなることから、仔犬が欲しくなければ不妊手術をしたほうが良いと思います。

ページトップへ戻る