どうぶつのセンター病院

0482666611

年中無休
9:00~12:00
15:00~19:00

ネコちゃん 熱中症|川口市の動物病院なら、どうぶつのセンター病院にご相談ください。犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット、シマリス、プレリードッグなど幅広く診療。

コラム

ネコちゃん 熱中症

ワンちゃん
梅雨の季節が到来し、ムシムシしておりますが、愛犬は元気にしていますか?気温が上がり始めると、気をつけなければいけないことが沢山ありますね。熱射病や日射病、クーラーによる風邪もよくあることです。
アトピー性皮膚炎を持つワンちゃんにとっても、この時期はつらいでしょう。湿度が高いせいで、皮膚炎をおこしたらあっという間に悪化してしまいます。かといって、室内の除湿を心がけていてもあまり意味がありません。というのは、アトピー性皮膚炎のワンちゃんの皮膚のバリアは非常にもろく、湿度の急激な変化についていけないからです。つまり、乾燥した室内と、湿度の高い屋外を行ったり来たりするだけで皮膚の免疫系が過剰に反応し、余計にかゆくなってしまいます。また、清潔にしなければ、と過度にシャンプーしていませんか。ワンちゃんの皮膚は体毛におおわれている分、とてもデリケートです。ましてや、アトピー性皮膚炎のワンちゃんは皮膚のバリアが壊れやすく、この場合も皮膚の免疫系が過剰に反応し、かゆくなってしまいます。
このように、過ごしにくい季節ではありますが、良質の食餌を腹八文、適度な運動、適度な清潔を保ち、日々、調節しながら、乗り切っていきましょう。また、かゆみが悪化する前に、こまめに治療することが大事です。

 

ネコちゃん
暑い日が続くようになりました。これからの気温が上がる時期はネコちゃんも熱中症に気をつけて下さい。直射日光がさしこみ、換気が悪く風の入らないお部屋の中では熱中症になる危険があります。熱中症になるとぐったりする、口を開けて苦しそうに呼吸をする、口からヨダレをたらすなどの症状が見られます。体温が高いまま放っておくと脳に障害が残り、命を落とすこともあります。このような症状が見られたら、すぐに水でぬらしたタオルを体にかけ、保冷剤を首や内股、わきの下にはさんで、体温を下げる応急処置をして、一刻も早く動物病院へ連れてきてください。熱中症は飼い主さんが注意をすれば防げる病気です。ネコちゃんを留守番させるときには家の中でも涼しい場所に移動できるようにし、クールマットなどを用意してあげてネコちゃんが快適に過ごせる環境を作ってあげてください。

 

フェレットさん、ウサギさん、ハムスターちゃん
暑い日が続くようになりました。この時期、日中の閉め切った部屋ではかなり室温が上昇します。このような環境で飼育されていると熱中症を引き起こします。熱中症は体温が上昇することで、脳や腎臓等の様々な臓器に障害を起こし、生命の危機がある恐ろしい病気です。日中、留守番をさせるときは、室温が上がり過ぎないように注意し、涼しい場所に移動できるようにしましょう。ケージ内で飼育されているハムスターちゃんやリスちゃんなどは逃げ場がないため、ケージの置き場に注意してください。また、新鮮な水を十分に飲めるようにしておくことも大切です。ただし、クーラーのかけすぎもいけません。少しでもおかしいと思ったらすぐに病院へおいでください。

ページトップへ戻る