どうぶつのセンター病院

0482666611

年中無休
9:00~12:00
15:00~19:00

夏の暑さにご用心|川口市の動物病院なら、どうぶつのセンター病院にご相談ください。犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット、シマリス、プレリードッグなど幅広く診療。

コラム

夏の暑さにご用心

ワンちゃん
夏の暑さが本格的になっていますが、愛犬たちはいかがお過ごしでしょうか?この時期は、食欲や元気がなくなるワンちゃんがよく来院します。いわゆる夏バテであったり、クーラーのかけすぎによる風邪だったりします。
夏バテは気温と湿度の変化についていけず、自律神経が乱れたときにおきます。例えば極端にクーラーの効いた部屋から暑い戸外にでると、うまくコントロールできなくなるのです。自律神経は内臓の働きもコントロールしていますから、胃や腸の働きが悪くなり、食欲がなくなるのはそこから来ているのです。
7月のコラムにも書きましたが、湿度が高いと体にたまった熱の放散がうまくいきません。そして、体温の調節も自律神経が関わっていますから、乱れがおきてしまうのです。短頭種のワンちゃん、太ったワンちゃん、年寄りのワンちゃんがその傾向にあります。これは、熱中症の場合もそうでしたよね。気をつけたいものです。
夏バテの対策としては、クーラーをかけるとしても28度以下にならないようにしましょう。また、スタミナをつけるために、新鮮なお肉を多めにして、ビタミンやミネラルが豊富な食餌を取り入れたり、水分を多く取るようにしましょう。

 

ネコちゃん
梅雨が明け、暑さが一段と厳しくなってきました。この時期はネコちゃんも熱中症に気を付けてください。直射日光がさしこむ閉め切った部屋の中、車の中などでは室温がどんどん上昇し熱中症になる危険性があります。熱中症は脳や腎臓など体の様々な臓器に障害を与え命を落とすこともある恐ろしい病気です。閉め切った部屋の中や車の中に短時間でもネコちゃんを置いていかないようにしてください。ネコちゃんが涼しい場所に移動できるようにし、換気をよくして室内の温度が上がり過ぎないようにしましょう。また逆にクーラーのかけすぎには気をつけて下さい。クーラーによる冷えから下痢や風邪を引いてしまうことがよくあります。人が快適だと思う温度では人よりも低い所で生活しているネコちゃん達にとっては冷えすぎてしまうのです。クーラーを使う場合はネコちゃんが生活している場所が28度以下にならないようにしてください。
クーラーだけに頼らず風通しを良くする、クールマットを利用するなど工夫して暑い夏を乗り切りましょう。

 

リスちゃん、ハムスターちゃん
蒸し暑い日が続きクーラーをかけている家も多いと思います。クーラーの冷気は足元にたまりやすく、思ったより温度が下がっていることがあります。足元にハムスターちゃんやリスちゃんのケージがあると小さな体はすぐに冷えてしまい体調を崩す原因となります。クーラーの設定温度を高めにしたり、冷気が行きにくい場所にケージを移動したりして冷えすぎないように注意してください。その時、ケージに温度計を置き28度以下に下がり過ぎないよう確認するとよいでしょう。リスちゃんやハムスターちゃんの元気や食欲、便や尿の状態、呼吸の状態などに気をつけ、おかしいと思ったら早めに病院へおいで下さい。

ページトップへ戻る