どうぶつのセンター病院

0482666611

年中無休
9:00~12:00
15:00~19:00

犬:ワンちゃんチョコレート中毒 猫:風邪 フェレットさん:白内障|川口市の動物病院なら、どうぶつのセンター病院にご相談ください。犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット、シマリス、プレリードッグなど幅広く診療。

コラム

犬:ワンちゃんチョコレート中毒 猫:風邪 フェレットさん:白内障

ワンちゃん「チョコレート中毒」
2月はバレンタインデーがあります。ここで、心配なのがチョコレート中毒です。ワンちゃんがテーブルの上にあるチョコレートを見つけて、盗み食いをしてしまう事故が起こる可能性があります。

 

チョコレートの中には「テオブロミン」という成分が含まれています。この「テオブロミン」はチョコレートだけではなく、ココア、コーヒー、紅茶、コーラまたはこれらを含む製品に含まれています。「テオブロミン」を摂取すると、中枢神経、心血管、骨、腎臓、筋肉、に作用します。この作用により、嘔吐、下痢、頻脈、不整脈、精神不安定、興奮、ケイレン、などを起こし、ひどくなると昏睡に陥り心不全となり死亡することもあります。特にカカオの成分の強い、ビターのチョコレートや調理用チョコレートなどは量が少なくても中毒になります。テオブロミンには解毒薬はありません。そのため、治療方法は支持的なものになり、テオブロミンが身体から排泄されるまで治療しながら待つことになります。身体からテオブロミンが抜けるまでにワンちゃんは半減期が15~17時間かかります。人の2~3倍の時間がかかります。摂取をすると治るまで心配が続きます。そのため、テオブロミンを含む製品の保存、保管には十分に注意をしてください。そして、万が一摂取をしてしまった時はすぐに病院へおいで下さい。

 

 

ネコちゃん「風邪」
寒く乾燥した日が続いていますが、お宅の猫ちゃんは元気に過ごしていますか?くしゃみをしたり、鼻水を垂らしたりしていませんか?寒くて乾燥した状態は粘膜のバリア機能が低下しやすい状態で、猫ちゃんも風邪をひきやすい時期になります。細菌や真菌、ウイルスなどがその原因となり人にうつることはあまりありませんが、猫ちゃんどうしでは うつることがあります。症状としては、くしゃみ、鼻水の他、発熱や食欲、元気の低下、目やになどがみられ、ひどくなると入院治療が必要になることもあります。風邪の原因となるウイルスにはワクチンで予防できるものもありますので、子猫の時から定期的にワクチン接種をしましょう。

 

 

フェレットさん「白内障」
白内障とは、目のレンズの役割をする水晶体が白く濁る病気で、進行すると光が通らなくなるため視力を失います。白内障はフェレットさんに多く見られる病気で、原因は廊下によるものの他、遺伝性、栄養性のものがあります。

 

治療は困難で、人やワンちゃんではレンズの手術が行われることもありますが、フェレットさんでは一般的ではありません。しかし、飼育環境を変えないようにし、声をかけて接するなどの注意をすることで、それまでと同等の日常生活を送ることができます。また、白内障の初期であれば、進行を遅らせるための飲み薬や点眼薬などによる治療を行うことができます。

 

老化による白内障は老化現象の1つなので、予防することができます。それはビタミンA欠乏や酸化した脂肪の摂取が白内障の原因になるとの報告がありますので、栄養性の白内障を起こさないために、新鮮でバランスの取れた食事を与えるように気を付けてあげましょう。

ページトップへ戻る