どうぶつのセンター病院

0482666611

年中無休
9:00~12:00
15:00~19:00

犬:ワンちゃん交通事故 猫:猫ちゃん嘔吐 モルモットさん:毛球症|川口市の動物病院なら、どうぶつのセンター病院にご相談ください。犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット、シマリス、プレリードッグなど幅広く診療。

コラム

犬:ワンちゃん交通事故 猫:猫ちゃん嘔吐 ウサギさん:ウサギさんの熱中症

ワンちゃん:ワンちゃんの熱中症対策
これから暑い日が続き、熱中症が増える時期になってきました。今年も例年と同じように暑くなるようです。家のワンちゃんへの熱中症対策と予防法はできていますか?

 

熱中症は暑さだけが原因とは限りません。例えば、気温が26度しかないときでも起こります。梅雨明けした直後に気温が急激に上がったときや、一日中雨が降り続いて、雨もやんで夕方などの湿度が上がった時でも起こります。重要な事は温度と湿度です。ワンちゃんは体にこもった熱をパンティング(あえぎ呼吸)することで放出させます。ところが、湿度が高いとうまく蒸散させることができず、体温が下がらないのです。さらにワンちゃんは毛で覆われていますし、汗腺も肉球にわずかにあるだけなので、急激な体温の上昇を招きます。

 

他に熱中症は体調にも関係してきます。例えば、散歩は週末にしか行かないワンちゃんが、暑いところで一時間も散歩すればすぐに熱中症になってしまうでしょう。これは、普段の生活で体が発熱することに慣れていないためです。また、下痢、発熱などで体調を崩しているときにも起こります。犬種によって熱中症にかかりやすい種類があります。パグやボクサーなどの短頭種や、大型犬が該当します。また、老犬や肥満犬も要注意です。

 

熱中症の怖いところは、軽度であってものちに進行して死に至る場合があると言うことです。軽度では、息が荒くぼんやりとしており進行すると、虚脱、下痢嘔吐を起こして亡くなります。この時、体の中では、各臓器が出血を起こしています。愛犬が熱中症の症状を起こしていたら、頚、脇、股の両側に保冷剤を当てるなどをして体温を下げながら病院へすぐにつれてきてください。

 

 

猫ちゃん:猫ちゃんの熱中症
暑い日が続くようになり、真夏日も増えてきましたがお宅の猫ちゃんは元気にしていますか?この時期、閉め切った室内はかなり高温になることもあり、猫ちゃんも熱中症に注意が必要です。一緒に出掛ける時もキャリー内は狭くこもりやすいので、気を付けてください。熱中症になると体温がかなり上昇し、口を開けての荒い呼吸やよだれをたらすなどの症状が出ます。吐いたり下痢をしたりふらついたりすることもあります。さらに進行すると、痙攣や失神、嘔吐や下血、血尿などの出血症状を起こし、亡くなってしまう事もあります。熱中症の症状がみられる場合、体を冷やしつつ、一刻も早く病院へおいで下さい。太っている猫ちゃんや子猫、老猫が発症しやすいので、特に注意しましょう。

 

 

ウサギさん:ウサギさんの熱中症
これから本格的に蒸し暑い夏を迎えることになりますが、暑さ対策はお済でしょうか?

 

野生のウサギさんは、暑い日中は涼しい穴の中で過ごし、夜涼しくなってから活動します。もちろん、体温が上がれば耳の血管から熱を放散し、場合によってはパンティングすることで体内の熱を逃がして体温を調節します。しかし、人間と違い全身から汗をかいて熱を逃がすことはできません。そのため、人間よりも暑さに弱く、健康なウサギさんでも温度が28℃を超えると熱中症のリスクが高まります。熱中症は限界を超えて体温が高い状態が持続することで起こりますが、体温の調節機能が働かなくなり、様々な臓器が障害を受けるため、そのままにしておくと痙攣を起こして死にいたります。直射日光に当たっているときはもちろんのこと、夏場の閉め切った部屋の室温は思った以上に高温になることがありますので、これからの季節は特に注意が必要です。

 

熱中症にならないためには、体温が上がりすぎないようにすることが大切です。エアコンをつけて室温を下げるのが理想的ですが、局所的にペット用のクールマットや、大理石の板などを活用することもできます。ただし、エアコンの冷風が直接当たったり、冷やしすぎることも逆に体調不良の原因になりますので、ウサギさんのいつもいる場所に温度計を設置して、暑すぎたり、寒すぎたりしないよう、うまく調節してあげてください。

 

病気の治療中の子はさらに注意が必要です。健康なウサギさんよりも高温によって体力を消耗しやすいので、より積極的に室温管理を心掛けてください。キャリーで移動するときは、内部に熱がこもりやすいので、サイドポケットや蓋に収納スペースがあれば中に保冷剤を入れるなどの工夫をして、暑くなりすぎないように気を付けましょう。

 

もし、ウサギさんがぐったりしていて、よだれを流したり、開口呼吸したり、全身が熱くなっていた場合は熱中症が疑われます。体を冷やすのが第一ですが、氷などを使うと逆に血管が収縮して体内の熱が逃げにくくなってしまうため、涼しい場所へ移動して水道水などで体を冷やしてあげてください。応急処置をしたら、早めにかかりつけの動物病院で診察を受けましょう。病院へ連れていく際も、車内が熱くなりすぎないよう気をつけてお連れください。

ページトップへ戻る