どうぶつのセンター病院

0482666611

年中無休
9:00~12:00
15:00~19:00

ワンちゃん:予防 猫ちゃん:ノミ|川口市の動物病院なら、どうぶつのセンター病院にご相談ください。犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット、シマリス、プレリードッグなど幅広く診療。

コラム

ワンちゃん:予防 猫ちゃん:ノミ

ワンちゃん:予防
4月はワンちゃんの病気の予防が色々始まります。
ワンちゃんに必要な予防は以下の4つがあります。

 
①混合ワクチン

 
②狂犬病ワクチン

 
③フィラリア予防

 
④ノミ・マダニの予防

 
この中で4月から必ず行う予防は3つ②狂犬病ワクチン、③フィラリア予防、④ノミ・マダニの予防になります。

 
①混合ワクチンは各ワンちゃんによって接種時期は異なります。1年以上ワクチンを接種していないワンちゃん又は、病院からの予防のお知らせのはがきを受け取ったワンちゃんは混合ワクチンの接種に当院へおいで下さい。

 
②狂犬病ワクチンについて
狂犬病ワクチンの接種は国の法律によって決められています(狂犬病予防法 第5条)。1年に1回必ず接種しなければいけません。仔犬さんの場合、生後91日以降に狂犬病ワクチンを接種して各市へ届出をする必要があります。

 
③フィラリアの予防について
フィラリアの予防と言いますが、実は駆虫をしています。フィラリア予防薬を飲んでから前1カ月分のワンちゃんに寄生したフィラリアの仔虫をまとめて駆虫しています。3月から蚊は飛び始めているため、4月からフィラリアの予防を開始してください。そして11月~12月の上旬までは蚊を見るようになりました。そのため、12月下旬から翌年の1月上旬暗いまで、1か月に1回しっかりと飲ませてあげてください。早くフィラリアの予防をやめてしまうと、フィラリアの感染が成立してしまう可能性があります。

 
④ノミ・マダニの予防
ノミ・マダニは公園や土手などいたる所にいます。ノミは犬ノミ、猫ノミどちらともワンちゃんに寄生します。マダニは痒みだけでなく様々な病気を媒介します(詳しくは先月のコラムをご覧ください。)。よく散歩をされるワンちゃんは暖かい期間(3月~10月)だけでなく、1年中予防した方が安全です。 予防は最大の治療になります。必ず①混合ワクチン、②狂犬病ワクチン、③フィラリアの予防、④ノミ・マダニの予防を行ってあげてください。

 

猫ちゃん:ノミ
だんだん暖かい日も増えてきましたが、お宅の猫ちゃんは元気にしていますか?かゆがったりしていませんか?暖かくなってくると、ノミの活動も活発になり猫ちゃんに寄生する可能性が増えてきます。うちの子は外に出ないから大丈夫と思っている飼い主さんもいるかもしれませんが、人が外に出たときに服につけて持って帰ってきてしまったり、庭に野良猫ちゃんが入ってきたりしていると庭に落ちたノミが室内に入ってくることもあります。成虫は猫ちゃんに寄生していますが、卵や幼虫は室内に落ちて室内で増殖してしまう事もあります。ノミは吸血してかゆみを引き起こすだけではなく、瓜実条虫や猫ひっかき病の病原体となるバルトネラ菌を媒介したりしますし、アレルギーを引き起こしたり、痒みによりかいてしまい、皮膚炎を起こしたりすることもあります。猫ちゃんに寄生するノミは人も吸血したり、痒みを引き起こしたりアレルギーを引き起こすことがありますので、定期的に駆除しましょう。駆除のしかたは飲み薬や付け薬などいろいろあります。病院にご相談ください。

ページトップへ戻る