どうぶつのセンター病院

0482666611

診療・ホテル 受付時間

<平日> 午前  8:45~11:45
午後 15:00~18:45
<土日祝> 午前  8:45~11:30
午後 15:00~18:30
午前 午後
診療・ホテル
受付時間
平日 8:45~11:45 15:00~18:45
土日祝 8:45~11:30 15:00~18:30

猫ちゃんの:尿石症|川口の動物病院、どうぶつのセンター病院では、犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット、シマリス、プレリードッグなど幅広く診療しております。

コラム

猫ちゃんの:尿石症

涼しい日が増えてきましたが、お宅のネコちゃんは元気にしていますか?頻繁にトイレに行ったりしていませんか?涼しくなってくるとお水を飲む量が減り、尿が濃くなります。尿が濃くなると尿中で尿石ができやすくなります。尿石ができると膀胱壁をこすり膀胱炎になったり雌猫ちゃんは尿度が太く短いので尿石が詰まることは少ないのですが、雄ネコちゃんは尿道が細く長いため尿石がつまることがあります。完全に詰まってしまうと尿が全くです膀胱が耐えられなくなると、その上腎臓にも障害がおき、急性腎不全をおこし死に至ることがあります。

予防の1つとして水分摂取量を増やすことがあります。ドライフードを乾燥したまま食べていると、さらに水分摂取量は減ってしまうので、ふやかしたり、おじや状にしたりして与えるようにしましょう。
トイレの回数が増えたり、長い間トイレでしゃがんでいたりしても尿が出てなかったり、トイレ以外でもしようとしたりする姿が見られたら、早めに病院へおいでください。

ページトップへ戻る