どうぶつのセンター病院

0482666611

年中無休

診療・ホテル
受付時間

<平日>

午前  8:45~11:45
午後 15:00~18:45

<土日祝>

午前  8:45~11:30
午後 15:00~18:30
午前 午後
診療・ホテル
受付時間
平日 8:45~11:45 15:00~18:45
土日祝 8:45~11:30 15:00~18:30

ワンちゃん :暖房器具の使用上の中|川口市の動物病院なら、どうぶつのセンター病院にご相談ください。犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット、シマリス、プレリードッグなど幅広く診療。

コラム

ワンちゃん :暖房器具の使用上の中

日々どんどん寒くなり、暖房器具を使って暖かくしていると思います。ワンちゃんも寒そうにしているので、暖かくしてあげたくなります。その時にワンちゃんにヒートマットやストーブ等を使う事があると思います。しかしこの器具を使って暖かくしている場合は注意が必要になります。

ワンちゃんは全身が毛におおわれているのでストーブの前やヒートマットの上にいてもなかなか毛が邪魔して毛の内側まで温まりません。そのため、ずっと同じ姿勢でいることが多く、さらにストーブなどの傍にいて離れない事もあります。そのうち寝てしまうこともしばしばです。その時にワンちゃんを触ってみると毛が驚くぐらい熱くなっていいます。急いでワンちゃんをストーブから引き離した経験がある飼い主さんもいらっしゃると思います。そのまま放置すると毛が密に生えているワンちゃんではなかなか皮膚の温度が下がらないため、低温やけどや火傷を起こしてしまします。低温やけどや火傷を起こすと、身体をなでると痛がったり、突然脱毛をおこしたり、水ぶくれを起こしたりします。しばらくするとその部分の皮膚は脱落をして皮膚に穴が開いてしまいます。ストーブなどでは毛が焦げてしまい、焦げ臭くなることがあります。
ワンちゃんに風邪をひかせないように、暖房器具を使わないわけにはいきません。その時ストーブを使うのであればその周囲にサークルを張って近寄らせないようにしましょう。また、ヒートマットを使用する場合は温度を「弱」に設定をして、低温やけどを防ぐようにしてください。

ページトップへ戻る