どうぶつのセンター病院

0482666611

年中無休
9:00~12:00
15:00~19:00

ネコちゃん:糖尿病|川口市の動物病院なら、どうぶつのセンター病院にご相談ください。犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット、シマリス、プレリードッグなど幅広く診療。

コラム

ネコちゃん:糖尿病

お宅のネコちゃんは太っていませんか?体の横を触ってすぐ肋骨がわからないほどお肉がついていると、肥満状態かもしれません。肥満はネコちゃんにとっても様々な病気の危険を高める要因で、その1つに糖尿病があります。糖尿病は血液中の塔を下げるインスリンがうまく分泌しないことで血糖値があがり、尿中にも糖がでる病気です。インスリンを作る膵臓の障害でインスリンが出なくなる、もしくはインスリンはあるが、インスリンの働きが阻害されて怒るものがあります。高血糖が続くと様々な臓器に影響を与え、場合によっては死に至ります。水を大量に飲むようになり、尿量が増えたり、食べる量が増えているのに体重が減ったり、お腹が膨れてきたりするなどの症状を示しますのでおかしいなと思ったら早めに病院へおいでください。
日ごろから太らないよう適度な運動と食べ過ぎを防ぐことなどで予防にもなりますので、定期的に体重を測ったり、体を触ったりして体重をコントロールしましょう。

ページトップへ戻る