どうぶつのセンター病院

0482666611

年中無休
9:00~12:00
15:00~19:00

ネコちゃん:寒い時期に多いアクシデント|川口市の動物病院なら、どうぶつのセンター病院にご相談ください。犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット、シマリス、プレリードッグなど幅広く診療。

コラム

ネコちゃん:寒い時期に多いアクシデント

だいぶ寒い日が続いていますが、お宅のネコちゃんは元気にしていますか?

寒くなると暖かい場所を探し丸くなっていることが多くなってきますが、この時期に気を付けないと思わぬ事故が起こることがあります。こたつや電気カーペットなどの暖房器具は長時間入っていたり、乗っていたりすると低温火傷を起こすことがあります。高温の火傷と違いすぐ水ぶくれになったりはしませんが、数時間~数日後に毛が抜けたり、皮膚が黒くなったりなどの症状がでます。長時間熱にさらされることにより起こるので、皮膚の弱いところまでやられるため治りにくいこともあります。設定温度を低くしたり長時間つけっぱなしはしないようにしたりしましょう。また電気コードを噛んで感電することもあります。コードを噛む可能性のある子は冬場に限らずコードカバーしたりするようにしたりしましょう。暖かい所を探し、蓋をした浴槽の上で寝ているネコちゃんもいるかもしれませんが、何かのはずみで蓋がとれ浴槽に落ちてしまったりすると、うまく上がれない場合溺れてしまったり、お湯が熱い場合には火傷などの危険もありますので、ネコちゃんが一人で浴室に入れないようにしましょう。
寒いとおこりやすい病気もありますので、寒さ対策は必要ですが暖房器具等を使うときには注意しましょう。

ページトップへ戻る