どうぶつのセンター病院

0482666611

年中無休
9:00~12:00
15:00~19:00

ワンちゃん:皮膚病|川口市の動物病院なら、どうぶつのセンター病院にご相談ください。犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット、シマリス、プレリードッグなど幅広く診療。

コラム

ワンちゃんの皮膚病

ジメジメとして暑い日が続くようになりました。皮膚病になりやすく、また悪化しやすい時期でもあります。皮膚病の原因には様々な種類があります。細菌性、真菌性、外部寄生虫性、アレルギー性などです。
細菌性皮膚炎はいちばん多くみられる皮膚炎(膿皮症)です。この皮膚炎は夏に多く見られますが、皮膚が弱いワンちゃんなどは冬でも見られます。特徴的な円形(環状)のカサブタをつくり、毛も円形状に抜け背中やお腹によく見られます。
真菌性皮膚炎は長期間皮膚病を患っていたり、皮膚の抵抗力の弱いワンちゃんが感染してしまうことが多いのです。皮膚炎は脇の下や顔(シーズーやパグなどの顔のシワの間)に見られることが多いのですが、真菌の種類や幼齢、老齢のワンちゃんによっては、全身に皮膚炎が出る場合もあります。
外に出るワンちゃんが皮膚炎になる場合があります。寄生虫性皮膚炎です。時々見られるのはノミの唾液によって起こる、ノミアレルギー性皮膚炎です。腰や背中に赤い丘疹が見られます。もう一つ、皮膚に病気を起こす重要な寄生虫症があります。毛包虫症という皮膚病です。毛包虫(アカラス)と言われるダニが毛根(皮脂腺)に多数寄生することによって起こります。毛包虫症は比較的若いころに多く見られますが、様々な年齢でも見られます。口、顎、手先などに多く出ますが、時に全身に出る場合があります。

そして、最も厄介なのはアレルギー性皮膚炎です。アレルギー性皮膚炎は強いかゆみを伴う病気ですが、他の病気(細菌性、真菌性、寄生虫性など)を誘発する原因になります。そのため、長い間アレルギー性皮膚炎を放置すると様々な病気が複雑に関与するため、原因を見つけて治療するまでに非常に長い時間を必要とします。
上記のとおり、皮膚病と言っても様々な病気があります。皮膚の病気による変化も似ていることも多く、一見しただけでは区別がつかない場合もあります。また、様々な病気が一度に発症していることもあり早期に治療を開始することが大切です。

皮膚に病気が見られた場合には早めに病院へおいで下さい。

ページトップへ戻る