どうぶつのセンター病院

0482666611

年中無休

診療・ホテル
受付時間

<平日>

午前  8:45~11:45
午後 15:00~18:45

<土日祝>

午前  8:45~11:30
午後 15:00~18:30
午前 午後
診療・ホテル
受付時間
平日 8:45~11:45 15:00~18:45
土日祝 8:45~11:30 15:00~18:30

ハムスターちゃん「ハムスターの頬袋脱」|川口市の動物病院なら、どうぶつのセンター病院にご相談ください。犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット、シマリス、プレリードッグなど幅広く診療。

コラム

ハムスターちゃん「ハムスターの頬袋脱」

ハムスターの口の中には左右に頬袋という食料をためる袋が2つあります。

その頬袋が反転し、口から飛び出したままになってしまうのを頬袋脱と言います。

 

原因は感染、炎症、過形成が主な原因とされています。

また、頬袋は頬袋張筋によって後方に牽引されているため、この筋肉の損傷により発生することもあります。

口で溶ける食物や柔らかい食物、刺激の強い食物などの摂取による炎症も原因となります。

症状は一般状態は無症状ですが、脱出した頬袋が傷つくことにより出血・感染が起こることがあります。

治療は内科治療の反応は悪く、多くの場合外科的な切除が必要になります。

頬袋は切除してもやがて再生するので影響はほぼありません。

 

ページトップへ戻る