どうぶつのセンター病院

0482666611

年中無休
9:00~12:00
15:00~19:00

ワンちゃん「ワンちゃんのお尻から臭いもの」|川口市の動物病院なら、どうぶつのセンター病院にご相談ください。犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット、シマリス、プレリードッグなど幅広く診療。

コラム

ワンちゃん「お尻から臭いもの」

ワンちゃんのお尻から、いつもと違うにおいがしたことがありますか?また、お尻を地面に擦り付けていることはありませんか?

 

ワンちゃんには肛門腺と言われる組織があります。肛門腺は肛門に開口している袋状の物で肛門を中心に4時と8時の方向に2つついています。

そもそも肛門腺は何の役にたっているのでしょうか?こ

肛門腺は非常に強いにおいのするものです。性状は液体だったり、半固体だったり個体によって様々です。肛門腺は自分のテリトリーを知らせるため、あるいは身を守るためなど様々な役割を持っています。

 

自宅では驚いたときに臭いがすることが多いです。強い外的な刺激によって肛門に力が入り収縮します。その時に肛門腺の袋も一緒に収縮して臭いの液体が分泌されます。しかし、家にいるとなかなか驚くことも少なく肛門腺が分泌されることもありません。そのため肛門腺が溜まってしまい、違和感をワンちゃんは持ちます。そうするとお尻を床に擦り付けて歩く姿が見られます。このまま気付かずにいると感染を起こして肛門腺が破裂してしまうことがあります。肛門腺の破裂は非常に痛みを伴います。敗れる直前は腰を触るだけで痛がったり、排便障害を呈することもあります。

感染を起こして腫れて痛みを呈すると、切開して排膿するか、手術を選択するしか方法はありません。

これを避けるためにはこまめに肛門腺を絞る必要があります。しかし、肛門腺を絞るのはお尻の穴をつまむことになります。非常に嫌がるので自宅ではなかなか難しい作業になります。自宅でできないときは病院で行うこともできます。時々非常に難しいワンちゃんもいます。病院を頼るのがいいでしょう。
そして、お尻あたりを痛がるときは早めに病院での診察を受けてください。

ページトップへ戻る