どうぶつのセンター病院

0482666611

年中無休
9:00~12:00
15:00~19:00

猫ちゃん「ネコちゃんの皮膚病」|川口市の動物病院なら、どうぶつのセンター病院にご相談ください。犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット、シマリス、プレリードッグなど幅広く診療。

コラム

ネコちゃん「皮膚病」

お宅の猫ちゃんの皮膚や毛の状態をよく見ていますか?毛でおおわれているため、皮膚の状態はわかりにくいこともあるかもしれませんが、よく触ったりブラッシングしたりして、毛の状態や皮膚の状態をよくみてください。毛が抜けていたり毛づやが無くなっていたりしていませんか?体をしきりに舐めたり、かいたり、かんだりしていませんか?皮膚に赤みや湿疹、かさぶたができていたり、腫れていたり、地肌がみえるほど毛が抜けたりなど、皮膚に何らかの異常がある場合には皮膚病かもしれません。皮膚病には細菌や真菌、ノミやダニなどの寄生虫の感染でも起こることがありますが、アレルギーやホルモン異常などの内分泌疾患の症状の1つとして脱毛などの症状が出ることもあります。また、ストレスが原因で皮膚に症状が出ることもあります。

日頃からよく観察しておかしいなと、思ったら早めに病院へおいで下さい。

ページトップへ戻る