どうぶつのセンター病院

0482666611

診療・ホテル 受付時間

<平日> 午前  8:45~11:45
午後 15:00~18:45
<土日祝> 午前  8:45~11:30
午後 15:00~18:30
午前 午後
診療・ホテル
受付時間
平日 8:45~11:45 15:00~18:45
土日祝 8:45~11:30 15:00~18:30

ワンちゃん 「ワンちゃんの尿石症」|川口の動物病院、どうぶつのセンター病院では、犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット、シマリス、プレリードッグなど幅広く診療しております。

コラム

ワンちゃん 「ワンちゃんの尿石症」

尿石症という病気があります。なんらかの原因によって尿路に結石ができ、それが尿道や膀胱に詰まってしまうのです。その結果、おしっこをしたいのになかなかでなくなくて何度もトイレでしゃがんだり、膀胱炎を伴って痛みを感じたり血の混じったおしっこがでることもあります。

ワンちゃんの尿石症では特にストルバイトと呼ばれる結石がよくみられます。ストルバイトとは、タンパク質の過剰摂取といった栄養バランスの偏りや、尿路系の感染により、尿がアルカリ化することによって形成されます。ストルバイトの大きさはさまざまですが、小さいものは尿道に詰まり、尿道閉塞を起こしてしまいます。

ワンちゃんが排尿できない状態を放っておくと、急性の腎不全になったり、膀胱が破裂したりする可能性もありえます。このため、ストルバイトを防ぐためには、症状に早めに気づいてあげることがとても大切になります。

尿道閉塞の治療は、尿道の結石を取り除くことです。尿道に専用のカテーテルを通し、詰まりを解除してあげます。それが上手くいくと、積極的な輸液、感染症への対応、食事療法、場合によっては膀胱の切開による結石の除去を組み合わせ、結石を減らしていきます。

尿石症が進行してしまう前に、ワンちゃんのトイレの様子がおかしいと感じたら、早めに病院へご相談ください。

ページトップへ戻る