どうぶつのセンター病院

0482666611

診療・ホテル 受付時間

<平日> 午前  8:45~11:45
午後 15:00~18:45
<土日祝> 午前  8:45~11:30
午後 15:00~18:30
午前 午後
診療・ホテル
受付時間
平日 8:45~11:45 15:00~18:45
土日祝 8:45~11:30 15:00~18:30

「犬のフィラリア予防はいつまで?」|川口の動物病院、どうぶつのセンター病院では、犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット、シマリス、プレリードッグなど幅広く診療しております。

コラム

ワンちゃん「犬のフィラリア予防はいつまで?」

愛犬家の皆さん、毎月のフィラリア予防でなんとなく気になるのが、「何月まで予防すればいいの?」ということだと思います。

よく「蚊がいなくなるまで予防が必要」と耳にすると思います。では、実際には何月なのでしょうか。そもそもフィラリアと蚊にはどういった関係があるのでしょうか。

意外と知らないフィラリアについて、今回は、分かりやすく説明します。

まず、フィラリアとは蚊によって犬の血管内に侵入して成長する白くて細長い寄生虫です。成長すると、なんと体長25㎝にもなります。この大きくなったフィラリアが、ワンちゃんの心臓や肺の血管に集まり絡まります。すると、ゆっくりと心臓や肺にダメージを与え、最終的には苦しくて死に至ってしまう恐ろしい病気です。

(ちなみにこのフィラリアは犬科以外の動物や人の血管に入っても成長しません。ですので、ワンちゃんだけ予防する必要があります。)

ここで重要なのがフィラリアの大きさです。蚊がワンちゃんからワンちゃんへと運べるのはフィラリアの幼虫です。フィラリアの幼虫のうち特に小さいものは数百㎛ととても小さく、ミクロフィラリアと呼ばれます。このため、ミクロフィラリアは小さい蚊でも運ぶことが出来るのです。

数百㎛しかないミクロフィラリアがワンちゃんの血管内に入ると、脱皮をしはじめます。何回か繰り返し脱皮をすると、半年くらいで体長約25㎝の大人のフィラリアに成長して体内を移行し、ワンちゃんの心臓や肺の血管に絡まって悪さをするというわけです。

さて、この怖い病気、本当に毎月のフィラリア薬だけで予防できるのか、不安になりますよね。

でも安心してください。正しく薬をあげていれば、100%予防できるのです。

フィラリア薬は、先ほど説明したフィラリアの幼虫「ミクロフィラリア」を駆虫する薬です。

つまり、ミクロフィラリアを駆虫することによって、フィラリアの成長を食い止めることができるのです。

ミクロフィラリアは大体一か月半を超えると脱皮が進行します。つまり、血管内に侵入してから脱皮が進行するこの期間にフィラリアを退治する必要があります。

そこで月に一回のフィラリア薬が必要というわけです。

ここで注意が必要な、「何月までフィラリア予防するのか?」ということについて説明します。

蚊が運んできたミクロフィラリアを、フィラリア薬で駆虫することは分かっていただけたと思います。つまり、蚊が見られなくなったからといって薬をすぐにやめるとなると、ワンちゃんの中でまだ駆虫が終わっていないフィラリアが残っていますよね。 そのことも考慮して薬を飲まなくてはなりません。

例えば、11月中旬に蚊がいなくなったならば、12月中旬までに一度フィラリア薬を飲む必要があるというわけです。

こうすれば、ワンちゃんの体内にはフィラリアがゼロになり、また蚊が出現する来年の春まで薬なしで過ごせます。
万が一フィラリア薬を飲まずにフィラリアが成長してしまったら、毎月のフィラリア薬では効果がほとんどなく、別の治療法が必要になってしまいます。

正しくフィラリア予防できていなかったワンちゃんや、初めてフィラリア予防するワンちゃんは特に、血液中でフィラリアが成長していないか検査をすべきです。病院では、ほんの数滴の血液で調べることができます。

フィラリアは、症状に気づいたころには重症で、大手術をしなければ治らないくらい手遅れになってしまうこともあります。
それに対し予防は、最近ではおいしいおやつタイプの薬もあるくらいとても簡単です。
蚊がだんだん減ってくる今の時期こそ、注意してしっかり投薬することが大切ですね。

大切なワンちゃんのためにもフィラリアについて今一度しっかりと理解して予防を心がけましょう!

ページトップへ戻る