どうぶつのセンター病院

0482666611

診療・ホテル 受付時間

<平日> 午前  8:45~11:45
午後 15:00~18:45
<土日祝> 午前  8:45~11:30
午後 15:00~18:30
午前 午後
診療・ホテル
受付時間
平日 8:45~11:45 15:00~18:45
土日祝 8:45~11:30 15:00~18:30

ワンちゃん 「犬のチョコレート中毒」|川口の動物病院、どうぶつのセンター病院では、犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット、シマリス、プレリードッグなど幅広く診療しております。

コラム

ワンちゃん 「犬のチョコレート中毒」

ワンちゃんは人の物がとてもおいしいと知っています。人の食べ物の中ではタマネギ、アボカドなど様々な物がありますが、チョコレートも食べさせてはいけないものです。バレンタインデーのあるこの季節は特に注意していただきたい食べ物です。

チョコレートに含まれるテオブロミンと言われる物質が中毒を起こします。テオフィリンと言われてもピン!とこない方も多いと思いますが、このテオフィリンはアルカロイドと言わる物に分類されています。このアルカロイドにはモルヒネ、コカイン、ニコチンなども含まれています。ここまで聞くと怖くなってきます。もちろんこれらとは違う物質ですが、このアルカロイドに分類される物は薬効が非常に強いものが多いのも確かなことです。そのため、テオブロミンはワンちゃんに「下痢」、「嘔吐」、「異常な興奮」、「失禁」、「頻脈」、「痙攣」、「昏睡」などがみれる可能性があります。

 

実際にワンちゃんがどれぐらいチョコレートを食べると症状が出るのでしょうか?調べてみると10~50mg/㎏と書いてあります。ん?10~50mg/㎏って、、、。これは体重1㎏あたりテオブロミン10~50㎎接種すると中毒症状が出るという意味です。実際にはミルクチョコレートの板チョコ約1/8~1/4で症状が出ます。同様に1/2枚で生死にかかわる量になります。

最近ではカカオの濃いチョコレートが多く販売されています。その分だけ摂取量は少なくても中毒は起こります。

 

摂取後、数時間で症状が出ます。万が一摂取した場合はできるだけ早く病院へおいで下さい。

そして、何よりも大切なことは摂取させないことです。しっかり管理してください。

 

ページトップへ戻る