どうぶつのセンター病院

0482666611

診療・ホテル 受付時間

<平日> 午前  8:45~11:45
午後 15:00~18:45
<土日祝> 午前  8:45~11:30
午後 15:00~18:30
午前 午後
診療・ホテル
受付時間
平日 8:45~11:45 15:00~18:45
土日祝 8:45~11:30 15:00~18:30

ネコちゃん 「猫の慢性腎不全」|川口の動物病院、どうぶつのセンター病院では、犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット、シマリス、プレリードッグなど幅広く診療しております。

コラム

ネコちゃん 「猫の慢性腎不全」

腎臓には血液中の尿素という老排泄物をろ過し、必要なミネラルや水分を再吸収して血液をきれいに保ち、ミネラルや水分を調節する役割を担っています。腎臓の組織は一度壊れてしまうと治療しても元には戻らないのですが、健康なネコちゃんでも加齢とともに徐々に腎臓の組織は壊れ数が減っていき徐々に機能が低下していきます。

腎機能を保とうとします。さらに進行すると脱水や食欲元気、嘔吐、体重減少などの症状なも見られるようになり、最終的には尿毒症におちいり死に至ります。しかし、症状が表れてくるのは約50%機能低下が起こってからで血液検査して異常がみられるのは75%以上機能低下してからになり、早期発見が難しい臓器ですが、なるべく早く治療を開始できた方が残っている所を保護しつつより進行を抑えることができます。多飲多尿の症状が見られるようなら早めに病院へおいで下さい。

ページトップへ戻る